ここからが本文です。

よくあるご質問

Q&A検索結果 詳細

キーワードで探す

カテゴリーより探す

自然災害等による列車の運転見合わせや徐行は、どのようなルールで決められていますか。

自然災害等による列車の運転見合わせや徐行は、どのようなルールで決められていますか。

大雨や強風・地震などの自然災害が発生した際には、列車運行の安全を確保するために、

定められた区間毎に設置された計器類(雨量計・風速計など)の数値が、当社の定める

基準に達した場合に、列車の徐行(速度規制)や運転見合わせを行っております。

運転規制に至る基準は、線路の構造や地形等の様々な条件により、線区や区間によって

詳細に定められています。

また環境の変化に伴い、基準の見直しを随時実施しています。

 

代表的な規制については以下のとおりです。

 

○大雨

一定時間に大雨が降ったり、長時間連続して雨が降った場合には、

線路地盤の崩壊や沿線土砂の流入などの危険性が高まるため、列車の徐行(速度規制)や

運転見合わせを行います。

 

○強風

一定以上の強い風を観測した場合には、列車の走行に支障があるため、

列車の徐行(速度規制)や運転見合わせを行います。

 

○地震

一定以上の強い地震が発生した場合には、線路の歪みや線路地盤の崩壊・沿線土砂の流入

などの危険性があるため、運転見合わせを行い、線路設備の点検を行います。

 

なお、雨や風が一定量に落ち着いた段階で、運転再開に向けた線路設備の点検を行います。

雨や風が止んでからも復旧までに時間を要する場合があります。

また、いずれの災害でも、状況により運転再開後も列車の徐行(速度規制)を行う場合が

ありますので、ご了承願います。

 

アンケートにご協力ください。
このQ&Aは参考になりましたか?
はい   いいえ

関連するQ&A

列車が運転していないので旅行を中止したいのですが、きっぷの払いもどしはできますか。
e5489では、夜行列車など、日をまたがって運転する列車を予約する場合、乗車日はいつにして申し込めばよいですか。