ここからが本文です。

よくあるご質問

Q&A検索結果 詳細

キーワードで探す

カテゴリーより探す

消費税率改定後の2019年10月1日以降に利用開始となるきっぷ(定期券を含む)を、9月中に購入できますか。また、その場合は改定前の金額ですか。

消費税率改定後の2019年10月1日以降に利用開始となるきっぷ(定期券を含む)を、9月中に購入できますか。また、その場合は改定前の金額ですか。
2019年9月30日までにお買い求めのきっぷにつきましては、乗車日・有効開始日が10月1日以降のものであっても、改定前の運賃・料金で発売いたします(10月以降に乗車される場合でも差額のお支払いは不要です)。
乗車券・特急券等は、原則としてご乗車になる日の1カ月前から(指定券は、ご利用になる列車が始発駅を発車する日の1カ月前の10時から)、定期券は新規・継続ともに有効開始日の14日前から発売いたします。

改定直前の9月30日は窓口の大変な混雑が予想されます。窓口にお並びいただいてもお買い求めいただけない場合もございます。また、切替作業の都合上、一部の駅の窓口では9月30日の夜の営業終了時間を繰り上げる場合があるほか、回数券、おトクなきっぷ等一部のきっぷやIC定期券については、窓口営業時間内や券売機稼働時間内であっても発売できない場合もございます。
きっぷはお早めにお買い求めいただきますようお願い申し上げます。
アンケートにご協力ください。
このQ&Aは参考になりましたか?
はい   いいえ

関連するQ&A

有効期間が消費税率改定日前後にまたがるきっぷ(定期券・回数券を含む)は、改定後もそのまま利用できますか。
2019年9月30日までに購入したきっぷを、消費税率改定後の10月以降に変更する場合はどうなりますか。
2019年9月30日までに購入したきっぷ(定期券を含む)を、消費税率改定後の10月以降に払いもどしする場合はどうなりますか。